お知らせ

cadbot 特許取得のお知らせ

この度、エムグループは、2014年6月20日、木造住宅用CADデータの変換方法及びそのシステム「cadbot」に関する特許を取得しましたのでお知らせします

当社は、2010年6月11日に本特許を出願しており、この度「造住宅用CADデータの変換方法及びそのシステム」(特許番号:特許第5562731号)として特許権を取得するに至りました

この特許技術は、設計、施工のいずれにもメリットをもたらす技術です。これまでは異cad間の図面のやり取りはオペレーターのトレース等による再作成、整合性の確認等

必ず発生する手間の簡略化をはかり、設計側と施工側に整合性という安心感をお約束できる基本的な技術に関わる重要なものです。

今後も、当社は、建築業界において皆様に安心をお届けできる技術・サービスの開発を行っていく予定です。

特許証

cadbot 特許査定通過のお知らせ

エムグループは、「cadbot」による異cad間データコンバートシステムに関して特許査定に通過致しました事をお知らせいたします。

エムグループは、住宅設計に関するさまざまなシステムを開発しており、cadbotはワンストップキャドサービスをよりスムーズな物にすることを目的としています。


国際特許分類(IPC)

 G06F 17/50 606B

 G06B 17/50 680Z

エムグループはお客様へ更なる安全性の向上と社会の発展に貢献できる新しい価値の創造につとめてまいります。

エムグループ太陽光発電ページの開設について

エムグループの太陽光発電ページが新しくオープンしました

ページにはエムグループの取り組んでいる太陽光発電事業の一環として

設置したパネルから得られる様々な情報を月ごとのグラフにまとめてわかりやすくご案内致します

毎月の更新はお知らせと当社のFBにてご案内していきます、

太陽光発電をより身近に感じていただけるよう情報をお届けしてまいります

ban_solar

 

消費税増税についてのご案内

お客様各位

2014年4月の消費税率引き上げに基づき、エムグループでも

4月1日以降のご請求に関しましては、新税率8%を適用させて頂きます。

何卒ご理解のほど、よろしくお願い致します。

年末年始休業のご案内

平素は格別のお引立てを賜り、厚く御礼申し上げます。

さて、誠に勝手ながら、弊社では2013年12月28日(土)より2014年1月5日(日)まで、年末年始休業とさせていただきます。

1月6日(月)より通常営業となります、お問合せにつきましては営業日以降に順次回答させていただきます。

何卒ご了承の程よろしくお願い申し上げます。

株式会社MoNOplan、株式会社エムスクエアー・イースト事務所移転のお知らせ

このたび株式会社MoNOplanおよび株式会社エムスクエアー・イーストは12月17日より下記住所に移転いたします。

新所在地(MoNOplan、エムスクエアー・イースト共通)
〒101-0043
東京都千代田区神田富山町22 office22ビル3F

新連絡先(MoNOplan)
TEL:03-6206-8141
FAX:03-6206-8142

新連絡先(エムスクエアー・イースト)
TEL:03-6206-8190
FAX:03-6206-8142

※FAX番号はMoNOplan、エムスクエアー・イースト共通です。

今後ともいっそうのご支援を賜りますようお願い申し上げます。

電子スパン表-軸力Z4が(財)日本住宅・木材技術センターの「木造建築物電算プログラム認定」を取得しました

弊社開発の『電子スパン表-軸力Z4』が、平成24年10月1日付で(財)日本住宅・木材技術センターの「木造建築物電算プログラム認定」を取得しました。
我々はサポートサービスを通じて日本の木造住宅を「安全・安心」なものとし、住まい手の生命・財産を守るため、より一層邁進していく所存です。

軸力Z4サポートサービスについてのお問い合わせは

株式会社エム・スクエアー(担当:清水)
026-217-6800

 

地域型住宅ブランド化事業サポートいたします!

■地域型住宅ブランド化事業にに168億円の予算

「木のいえ整備促進事業」の後継事業として創設される
「地域型住宅ブランド化事業」の事業費予算が168億円となりました。
「木のいえ~」同様、中小住宅生産者が供給する木造住宅への補助事業ですが、
「地域型~」の場合は地域材を活用し、地域の気候・風土にあった 「地域型住宅」 の提案申請が採択された
地域グループに対して補助が行われるという点が違います。

グループは原則として、
①原木供給②製材③建材流通④プレカット⑤設計⑥施工―の業種毎にそれぞれ1事業者以上で構成。
このうち、施工(年間実績50棟以下の中小工務店)は10事業者以上が必要です。
採択された場合、補助金額は最大で戸当たり120万円。
供給する木造長期優良住宅においては、企画や仕様、積算、供給体制などにおいて
一定のルールを策定する必要があります。
本件に関しては未だ時期や要項が発表されていませんが、
地域内での事前の協議・準備は早急に必要といえるでしょう。

エムグループでは耐震検討、横架材成検討、基礎検討から申請図書の作成・機関への対応まで幅広く、
ワンストップサービスでサポートいたします!
(もちろん壁量計算書や構造図・基礎伏図作成や許容応力度計算なども対応可能です)

 

電子スパン表 “軸力Z4” 登場

電子スパン表 “軸力Z4” 登場です。

4号建築物の根拠化に利用いただけるばかりではなく、経済設計をするためのツールとしてお使いいただけます。
サポートサービスですので、新たなソフト導入や技術者養成は不要です。

↓↓↓軸力Z4についての情報はこちら↓↓↓

※電子スパン表”軸力Z4″は財団法人日本住宅・木材技術センターの「木造建築物電算プログラム認定に申請中です。

 

お問い合わせ

資料請求やご相談は、お電話またはフォームよりお気軽にご連絡ください。

TEL.03-6206-8141

お問い合わせはこちら

異CADコンバートシステム CadBOT

電子スパン表 軸力Z4

エムグループの太陽光発電

ページトップへ